低用量ピルとの比較 | アフターピルを正しく使って予期せぬ妊娠を防ごう

低用量ピルとの比較

屋上にいる看護師

アフターピルは事後でも避妊してくれる避妊薬として便利なのですが、ピルにはもう1種類あります。
それが低用量ピルと呼ばれているモノです。
低用量ピルもアフターピル同様、個人輸入代行サービスを利用してネット注文できますので、購入の際は両者を混同させないように気をつけてください。

低用量ピルとアフターピルは同じピルですし、両方高い避妊効果を持った避妊薬です。
しかし、その服用方法や使用目的はまったく違うので注意しましょう。
低用量ピルを事後に服用しても効果はなく、こちらは毎日継続して服用することで高い避妊効果を発揮してくれます。
28日間をひとつの服用サイクルとし、21日間の服用期間と7日間の休薬期間があります。
アフターピルと同じように卵胞ホルモンと黄体ホルモンにより、体内の女性ホルモンを乱してに音信を防いでくれます。
この期間中、正しく服用していくことで徐々にホルモンバランスが変化していくため、1回の服用でホルモンバランスを変化させるアフターピルよりも副作用の危険性は低くなっています。

低用量ピルは正しく服用することで非常に高い避妊効果を発揮してくれますが、服用方法を誤ってしまうとその効果を最大限に発揮することはできません。
低用量ピルを服用する場合は、しっかり用法用量を確認したうえで服用を始めましょう。

低用量ピルもアフターピルも、女性を守るためには欠かせない医薬品となっています。
コンドームによる避妊もいいですが、こうした避妊薬を使った避妊方法も覚えておきましょう。
特にアフターピルは女性を守ってくれる最後の切り札となりますので、必ず覚えておいてください。