1回の服用で高い避妊効果 | アフターピルを正しく使って予期せぬ妊娠を防ごう

1回の服用で高い避妊効果

ピルを飲む女性

アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれており、避妊に失敗してしまった可能性のある緊急事態を回避するための避妊薬です。

アフターピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが含まれています。
これを女性が摂取することにより、体内の女性ホルモンを妊娠時の状態に限りなく近づけることができます。
体内が妊娠していると認識することで排卵を抑制することができるのです。
男性器に装着して避妊をおこなうコンドームと違い、アフターピルは女性が自ら体内に摂取して避妊効果を発揮します。
そのため、限りなく100%に近い確率で避妊を成功させてくれるでしょう。

アフターピルは避妊に失敗してしまったと感じたとき、性行為後に1錠服用するだけで効果を発揮してくれます。
性行為後から72時間以内であれば高い避妊効果に期待できるため、もし避妊に失敗してしまったとしても焦ることはありません。
ただし、72時間以内に服用すれば高い避妊効果を発揮してくれるとはいえ、服用するタイミングが早ければ早いほど効果はさらに高まります。
性行為後、すぐにでもアフターピルを服用できるように常備しておくことが最善です。

性行為が終わってからでも避妊ができるということは、最初から避妊対策をしなくてもいいということになります。
そのため、アフターピルがあるからといってコンドームを着用せずに行為をしようとする人もいますが、これは大きな間違いです。
アフターピルは確かに事後でも高い効果を発揮してくれますが、あくまでも緊急避妊薬です。
アフターピルが絶対妊娠を防いでくれるという保証はありません。
また、事後からでもこれだけ高い効果を発揮するということは、それだけ効き目が強いということです。
それにともない、副作用が発症する危険性も高くなっているため、最初からアフターピルに頼っての性行為はせず、しっかり別の方法で避妊をして行為を楽しむようにしてください。