1回の服用で高い避妊効果

ピルを飲む女性

緊急避妊薬とも呼ばれているアフターピルは、避妊に失敗したと思われる性行為後に服用することで高い避妊効果を発揮します。ありがたい薬ではありますが、副作用が起こる危険もあるため、あくまでも緊急時に服用するようにしましょう。

前もって準備するためには

ピルを飲んでいる女性

アフターピルは産婦人科から処方してもらえるのですが、残念なことに事前の処方はおこなっていません。そこで、アフターピルを早い段階から確実に購入しておくための手段としてオススメなのが個人輸入代行サービスの利用です。

低用量ピルとの比較

屋上にいる看護師

ピルにはアフターピルの他に低用量ピルというものもあります。こちらは毎日服用することで徐々に避妊効果を発揮するピルになります。アフターピルとは服用方法や使用目的が違うので注意しましょう。

事後でも避妊できる

腹痛を訴える女性

ピルを飲み忘れても一日なら二錠飲むことで効果を失わずに済ませることが出来ます。このように対策を知っていれば変に慌てる必要などはありません。

アフターピルに頼った避妊はオススメできません。確実ではない上に体への負担も大きいからです。もっと安全で体に優しい方法を選びましょう。

コンドームは避妊具として最も利用されているアイテムです。
近年では妊娠することを目的とせず、パートナーとの関係をより深いものにするための行為として性行為をする男女が増えています。
コンドームは避妊率が高く、コンビニなどでも気軽に購入できることから、避妊方法の定番としてよく利用されているのです。
しかし、いくらコンドームは避妊率が高いとはいえ、100%確実に妊娠を防いでくれるわけではありません。
途中で亀裂が入ってしまえばそこから精液が膣内に漏れてしまいますし、付け方が甘ければ外れてしまう可能性だってあります。
そうなってしまえば、当然もう避妊具としての役割を果たすことはありません。
避妊に失敗して妊娠してしまうという危険性だってあるのです。

ですが、仮に膣内に精液が漏れてしまったとしても、その瞬間に妊娠してしまうわけではありません。
まだ妊娠を防ぐ猶予はあるのです。
こういった状況下で活躍する最後の砦、それが「アフターピル」です。
アフターピルは性行為後に女性が服用することで避妊効果を発揮してくれる避妊薬ですので、もし避妊に失敗してしまった可能性があるとしてもまだ諦めるのは早いです。
許されない行為ではありますが、性的暴行を受けた場合などもアフターピルは頼りになります。
妊娠してしまうという最悪の結末だけは避けることができます。
意図しない妊娠は女性の心身へ大きな負担をかけてしまうことになるため、自分自身を守る意味でもアフターピルは常に用意しておくべきでしょう。

こちらのサイトのコンテンツを読むことでアイピルの効果やその用法について詳しく知ることができますよ。

オススメリンク

  • 低用量ピル通販 はいまじゃ当たり前です。こちらのサイトなら通販の方法や使用法まで詳しく解説されています。